いつもの今日に「はじめまして」

『進撃の巨人』カルラに学ぶ!人に好かれる人の4つの特徴

スポンサード




ども、杉野です。

今回は『進撃の巨人』の主人公エレンの母親、カルラのセリフから人に好かれる人の特徴(要素)を学んでいきたいと思います。

カルラは登場回数が極めて少ないキャラですが、『進撃の巨人』18巻ですんごい重要なことを言ってるんですよね。

それはどんなセリフなのか、なぜそのセリフが重要なのか。それはあなたの目で確認してみてください。

それでは早速いきましょう。

 

1.カルラがシャーディス団長に放った衝撃的なセリフ

進撃の巨人18巻

 

進撃の巨人18巻

 

進撃の巨人18巻

 

特別じゃなきゃいけないんですか?絶対に人から認められなければダメですか?

私はそうは思ってませんよ。

少なくともこの子は・・・偉大になんてならなくてもいい。人より優れていなくたっていい。

だって見てくださいよ。こんなにかわいい。だからこの子はもう偉いんです。

この世界に生まれてきてくれたんだから。

(進撃の巨人18巻より)

 

これですよ、これ。このセリフに胸打たれた人は僕一人じゃないと思います。

ジーンってきますよね。僕もちょっと泣きました。ホントにそうだよな、って。

リヴァイやアルミンのセリフもカッコイイですが、僕はカルラこのセリフが一番好きです。

このセリフから僕らは人に好かれる人の特徴を学ぶことができます。

 

2.人に好かれるには

凡人なら誰もが一度は「人から好かれたい」と思ったことがあると思いますし、僕もその一人です。

しかし現実には好かれたいと思えば思うほど、そういう行動をとればとるほどキモイ人になっていくという悲しいことが起こります。

これはなぜかというと、

人に好かれたいあまりに「自分は誰に好かれたいのか?」を見失ってしまうからです。

人に好かれたいと思っている人は、誰に好かれたいのかを考えずに、とりあえずその場にいる人に好かれることをしようとします。

シャーディス団長風に言えば、その場にいる人に偉大だと思われることが重要、ということです。

それに対してカルラは「特別じゃなきゃダメなんですか?」、つまり

ありのままの自分を好きになってくれる人に好かれればそれでいいんじゃないですか?

と言います。

お世辞を言ったり、飯をおごったり、社会的地位がなきゃ好きになってくれない人がいたとして、あなたはそんな人に好かれたいでしょうか?

自分自身じゃなく、自分の肩書やお金に寄ってくる人に好かれたいでしょうか?

人に好かれるためには、行動を起こす前に自分は誰に好かれたいのかを考える必要があるのです。

 

3.好かれたい人=喜ばせたい人

好かれたい人を考えるよりも喜ばせたい人を考えた方が物事はスムーズにいきます。

好かれたい人を考えるとどうしても「どうやったら好きになってもらえるか」という自己中な視点になりがちなんですが、喜ばせたい人を考えると「どうやったら喜んでもらえるか」という相手本位の視点になりやすいからです。

喜ばせたい人を喜ばせるには、相手のことをよく知る必要があります。

でもこれはそんなに大変なことじゃなくて、相手を理解しようとする姿勢そのものが相手を喜ばせることにつながるんです

自分のことで考えてみればすぐ分かると思います。

自分に興味を持ってくれて自分が好きなことをいっぱい喋られせてくれる人って、好感持てるでしょ?

「この人はちゃんと自分に興味を持ってくれてるんだな」

そう思えるだけで僕らは嬉しいものです。

カルラの言葉が胸を打つのも、エレンが成し遂げたことではなく、エレン自身にちゃんと向き合っている、興味を持っているからです。

無理に何かをしようとするんじゃなくて、喜ばせたい人にちゃんと興味を持つ。まずはそこから始めてみましょう。

 

4.自分の興味を押し付けてはいけない

ただし、相手に興味を持つことと相手の興味に興味を持つことは区別してください。

相手に興味を持つというと、僕らはどうしても自分が興味を持てる部分を相手の中に探そうとする傾向があります。

自分が車が好きだったとして、相手が車を持っていたら、車のことで話を盛り上げようとする。これは興味が自分に向いています。

そうじゃなくて、相手を喜ばせたいなら「相手は何に興味があるのか」に興味を持つことが大事です

ここが難しい。

こればっかりは最初は意識して直すしかありません。でも分かっておいてほしいのは、

相手を怒らせたり自己中な話をしちゃったりするのは「普通」だ

ってことです。

それは失敗じゃありません。普通のことだし、当たり前のことです。だから凹む必要なんてまったくない。

99%の人は会話なんて全然上手くないんだから、できない自分を責めるなんてバカなことはやめましょう。

何かができるから偉いワケじゃありません。

「あなたはもう偉いんです、この世に生まれてきたんだから」

 

5.まとめ

進撃の巨人18巻

人に好かれる人の特徴とは、カルラのように

  • 好かれたい人=喜ばせたい人が明確で
  • 相手に興味を持ち
  • 肩書や評価にとらわれず
  • その人自身の存在を認めてあげられる

ということです。

こういう人、要するに自分の信念や価値観を貫ける人が好かれる人です。

カルラには目立った特技もないし、強くもないし、偉くもありません。

なのにあんなに魅力的なのは、彼女が確たる信念と価値観を貫いているからに他なりません。

彼女のようになるのは大変ですが、一歩一歩進めばいいんですよ。

傷つくことを恐れず、気長にいきましょうね。

ここで話したことよりもっと具体的なテクニックを知りたい場合は『人に好かれる会話術』を参考にしてみるといいでしょう。

ありがとうございました。

【関連記事】

ども、杉野です。『進撃の巨人』で美味しいところをもっていったキャラと言えばザックレー総統ですよね。初登場のときのお堅い印象とは裏腹に、あんな悪趣味を持ってい...

 

ども、杉野です。進撃の巨人で一番人気のキャラといえばリヴァイ兵長ですよね。僕もリヴァイは大好きだし、凄く魅力的だと思うんですが、 なぜ彼はこんなにも人気があ...

 

ども、杉野です。『進撃の巨人』にはリヴァイ兵長やエルヴィン団長、ミカサをはじめ、魅力的なキャラクターがたくさん登場しますが、アルミンも無視できない魅力的なキ...

 

ども、杉野です。言いたいことがあっても怖くて言えない。やりたいことがあっても恥ずかしくてできない。何かを始めたくても自信がなくて始められない。これからお話し...
スポンサード







by
28歳のときに起業し、セミナーやコンテンツ販売を何年か行うも途中で挫折。今は再出発のために某飲食店のアルバイトを通してチームビルディングを実践中。個人ではコーチング、オウンドメディアのプロデュース、小説の執筆などを行っています。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です