ワンランク上の自己啓発をあなたに。

報われない努力とおさらば!自分のタイプを知る4つの方法

スポンサーリンク

ども、杉野です。

あなたは自分のタイプ(傾向)についてどれぐらい知っているでしょうか?

自分のタイプを知ることは、どうすれば自分が幸せになれるのかを知ることと同じです

朝型の人が朝に自分のやりたいことをすれば、それだけ効率が上がり早く大きな結果が得られます。

しかし自分が朝型だと知らずに夜にやりたいことをやってしまうと、今度はそれだけ結果が出にくくなります。

同様にして、分析家タイプの人が創造的な活動をするのは非効率だし、芸術家タイプの人がデータ分析などを行うのも非効率です。

こんな風に自分のタイプに合わないことを繰り返していては、手に入ったはずの幸せ(成果)も遠くへ逃げて行ってしまいます。

つまり自分のタイプを知ることは、自分が幸せになるための地図を手に入れることと同じなのです

そこで今回はそんな「幸せの地図」を手に入れる方法を紹介していきます。

ここで紹介する自己診断や占いなどを実践して、ぜひ自分がどうすれば幸せになれるのかを知ってください。

そして今日から報われる努力に取り組んでくださいね。

 

1.自己診断

自己診断には会社や学校、就活サイトなどがが行っている自己診断テストを使うのが一般的です。気軽に自己診断を行えるサイトには

などがあります。

就活で迷ったり、自分が何をしたいのか分からなくなったら、とりあえずこれらのサイトを使って自分のタイプを知ってみるのもいいでしょう。

またサイトで診断する以外にも、タイプや傾向を自分で診断する方法もあります。

以下に『人生を変える習慣の作り方』という本からいくつかのタイプを抜粋しておきますので、自分がどのタイプに当てはまるか考えてみてください。

 

1‐1.期待やルールに対する反応の仕方

タイプ

『人生を変える習慣の作り方』に出てくる大きなくくりとして、僕らには

  • アップホルダー(約束を守る人)
  • クエスチョナー(疑問を持つ人)
  • オブライジャー(義務を果たす人)
  • レブル(反抗する人)

という4つのタイプがあります。

この4つは習慣化するため以外にも、自分がどういう職場や職業に向いているか、なぜ自分はあの人を好きになれないのか、自分はどういうときに失敗しやすいのかなどを知ることができます。

自分だけでなく相手がどのタイプなのかを知ることで、その人に対してどう接すれば印象が良くなるのか、どう接すればこちらが思ったように動いてくれるのか、さらにはどのタイプの人を雇えば会社が良くなるのか、といったことも分かるようになります。

とにかく非常に便利なタイプ分けですので、自分や周りの人がどのタイプかを考えてみてください。

きっと面白いことがたくさん見えてくるはずです。

 

1‐1‐1.アップホルダー

アップホルダーの人は責任感が強く、他者や社会から課されるルールと、自らに課す期待を進んで守ろうとします。

学校や会社ではまず遅刻なんてしないし、周りからの信頼は厚く、誠実で真面目だと思われていて、ルールを守らない人を見ると「イラッ」としてしまう場合、あなたはアップホルダーの可能性が高いです

アップホルダーは自分で決めたことも周りから決められたことも、どちらでも実行しやすい傾向があります。

絶対に挫折しないワケではないですが、例えばダイエットすると決めればちゃんとそれを実行できるし、結果が出ることも多いです。

ただ何かに失敗した場合、「自分で自分に課した約束を守れなかった」ということに対して必要以上に罪悪感や無力感を感じたりします。

4つのタイプの中では一番信頼を得やすい一方で、一番うつ病になりやすいのもこのアップホルダーです

あなたがアップホルダーだった場合は必要以上に責任感を感じないこと、たまにはルールを破ってみることが重要になってきます。

というのは、アップホルダーは従わなくてもいいルールに無自覚に従ってしまったり、破っても問題のない約束を必死に守ろうとして、自分で自分の首を絞めることがよくあるからです。

ちなみに僕はアップホルダーなので、そういう人の気持ちがよく分かります。

僕の場合、その場の空気を読み過ぎて、自分らしさや自分の価値観や意見を押し殺してしまうんですよね。

これが自覚できれば思い切った行動や発言もできるんですが、自覚できていないと空気に飲まれてしまう。

アップホルダーは自分がアップホルダーだと自覚できているだけでもかなり精神的に楽になるので、まずはここで話したことをしっかり心に刻んでおきましょう。

 

1-1-2.クエスチョナー

クエスチョナーの人は、あらゆる期待を疑問視して、自分が納得できる場合にしか行動を起こさない人です。

医者に言われても素直に薬を飲まなかったり、周りが決めたルールに素直に従わない人は、クエスチョナーの可能性が高いと思っていいでしょう。

クエスチョナーは自分が納得したことはできる(それしかできない)ので、合理性や正当性さえ見つけられれば行動を起こすことができます

例えば危険そうなことでも「これをやればモテる」とか「一攫千金」などの理屈に納得できれば、リスクをおかせるということです。

恥ずかしいことでも「それが家族のためになる」と思えればやれるし、難しいことでも「それが自分の将来を決める」と思えればやれます。

あなたがクエスチョナーの場合は、なぜ就職するのか、なぜそれを買うのか、なぜそれじゃないといけないのかなどを考えたり調べてみたりしてください

そこにあなたが行動を起こすためのヒントがあるはずです。お試しあれ。

 

1-1-3.オブライジャー

オブライジャーの人は、外から課される期待やルールには応えられますが、自分で自分に課したことには応えられません。

自分で決めたことは投げ出すことが多いけど、仕事はきっちりこなせるし、周りから頼まれたこともちゃんと期限内に終えることができる場合、あなたはオブライジャーの可能性が高いです

オブライジャーの人が幸せをつかむには、周りを巻き込むことが重要になります

例えば起業に挑戦するなら、自分一人ではなく一緒にがんばる仲間が必要です。

起業自体は一人でやってもいいですが、起業仲間のような人たちと絡まないとサボってばかりになると思います。

心理的に抵抗のあること(例えばナンパなど)をする場合も、誰かと一緒ならできるし、他の人から誘われたことなら案外実行できます。

オブライジャーの人はトレーナーやコンサル、コーチのような人をつけるといいと思います。

というのは、そういう人たちと契約するとオブライジャーの人は「周りを裏切れない」と思うからです。

あと、周りの友達や仲間に「今年中に一億円を稼ぐ!」とか言っちゃうのも面白い方法です。

クエスチョナーやレブルの場合はこういうことをやってもあまり効果がなかったりするんですが、オブライジャーやアップホルダーの場合は効果が期待できます。

普通は勇気のいることですが、誰かと一緒なら「今年中に一億円稼ぐ!」みたいなことも言えるはずですので、同じような目標を持っている仲間を見つけることがオブライジャーが幸せをつかむ最大の秘訣だと言えるでしょう。

 

1-1-4.レブル

レブルの人は、あらゆる期待やルールに反発します。周りが求める期待や周りが決めたルールは当然として、自分に対してもルールを決めたがりません。

命令されるとやる気をなくす、やれと言われたらやりたくなくなる、何でも自分で決める、その場のルールなんてクソくらえ、みたいな人はレブルだと思っていいでしょう。

レブルの人はおそらくこんな記事は読んでいないと思うので(笑)、僕から言えることは特にありません。

ただ、もしあなたの周りにレブルがいるなら、その人との接し方には注意が必要です。

レブルは一般に天邪鬼に見られがちですが、本人は意識的に天邪鬼になっているのではなく、周りからの期待に反発しているだけだからです。

レブルと上手く付き合うにはレブルの特性を理解しなければなりません。

例えばレブルに何かを頼む場合は「~してほしい」と言うのではなく、「別にやらなくてもいいけど、気が向いたら~しといて」と言いましょう。

こう言うことによって、レブルは自分に期待されていないことに反発して、それをやろうとします。

真面目なアップホルダーにとってレブルはかなりうっとうしい存在に見えますが、これは性質の違いなので腹を立ててはいけません。

むしろレブルを上手く利用するぐらいの器量がアップホルダーにはほしいところですね。

付き合いにくい人と接することは、自分の価値観や器量を広げるのに役立ちます。そういった意味ではレブルは貴重な存在と言えるでしょう。

 

1-2.朝型・夜型

冒頭で話したように、自分が朝型なのか夜型なのかも知っておくのも幸せをつむためには重要です。

朝型の人は朝の方がエネルギーがあり、夜型の人は夜の方がエネルギーがあります。

何を当たり前のことを言ってるのかと思うかもしれませんが、これは要するに朝型の人は朝に自分の人生をよくするための行動をした方がいいし、夜型の人は夜に行動をした方がいい、ということです。

この朝型・夜型というのは遺伝的に決まっており、このタイプを無理矢理変えることはできません(年を重ねることで変化することはありますが)。

世間では「成功者は早起きする」みたいなことが言われていますが、そういうのを真に受けないでくださいね。

朝型の人は朝にがんばる、夜型の人は夜にがんばる。

この工夫だけでも日々の幸福度は変わってきますので、気をつけてみてください。

 

1-3.始めるのが好き・終わらすのが好き

何かを始めるのが好きか、何かを終わらすのが好きかもタイプが分かれます。

僕は始めるのが好きなタイプでなので、ブログを何十個も持ってるんですが、全部中途半端に更新が止まっています(笑)。

本もいろんなのを読むけれども、1冊まるまる最後まで読み切った本は数えるほどしかありません。

一方で、僕の知り合いの終わらすのが好きなタイプの人は、本は1冊読み切るまで他の本は読まない(そうじゃないと気が済まない)と言っていました。

始めるのが好きなタイプの人は今やっていることが中途半端になってもいいので、どんどん新しいことにチャレンジしていきましょう。

これは僕の経験からも言えるし、そうしているうちに気付いたら楽しくなっています。

逆に、終わらすのが好きなタイプは、なるべく慎重に何をやるのかを選びましょう。

このタイプの人は一度始めたことをやり抜く力がある反面、始めたことを中途半端なところでやめられないので、何を選ぶのかが重要になってきます。

それと同時に、今やっていることがあるなら「本当にそれは終わらせる価値があるのか?」ということも問うてみるべきです。

「これを終えなければ気が済まない」というのが邪魔して、あなたの幸せを邪魔している可能性がありますからね。

終わらすのが好きな場合は今言ったことを注意して、始めるのが好きな人は中途半端を気にしないようにしてみてください。

そうすれば凄く気持ちが楽になると思いますよ。

 

1-4.堅実・大胆

あなたは堅実でしょうか、それとも大胆でしょうか?

あなたが堅実タイプなら、無理をせずに小さなチャレンジを積み重ねていく方法が向いてるし、大胆タイプなら何か大きなことを1つドンッとやる方法が向いています

堅実タイプの人は例えば部屋を掃除したり、お気に入りの服を買ったり、身の回りを変えていくことが幸せにつながりやすいです。

一方で大胆タイプの人は海外に引っ越したり、日本を自転車で縦断したり、そういう極端なチャレンジをするのが幸せにつながります。

今までの人生を振り返れば自分がどっちのタイプかは分かると思うので、自分に向いたやり方で何事も行動を起こすようにしましょう。

 

2.占いでタイプを知る

自己分析以外にも占いで自分のタイプを知ることも有効です。

占いなら

など(すべて無料)で自分がどういう人間なのかを占ってみるといいでしょう。

もっと正確にいろんなことを知りたい場合は、本を買ってみたり、本物の占い師に占ってもらうことをおすすめします。

個人的なおすすめの本は『スピリチュアル占星術』という本です。

 

これは驚くほど当たっていて、なおかつ、何に気を付けて何をすれば幸せになれるのか、というのが的確に示されています。

ただ単に「自分の性格が分かってよかった」みたいなものではないので、人生で思い悩んでいるときほど参考にしてみるといいでしょう。

それでもダメなら、もう直接占ってもらうのが一番手っ取り早いです。例えばお手軽な電話占いなら

こういったサイトがあります。

僕はあるお店の占い師に「あなたはGoing my wayな人間ですね」と言われました(笑)

自分の好きなことを貫けば、それがおのずと人のためになるそうです。

僕の場合はそう言われる前からGoing my wayだったので、特に何かが変わったワケじゃないんですが、それを知ったことで自信が持てたというのはあります。

「あぁ、このまま我が道をゆけば正解なんだ」ってね。

つまり僕にとってはGoing my wayこそが、自分が幸せになる方法(指針)だということです。

人によっては誰かに可愛がってもらった方が上手くいくタイプの人もいるでしょうし、凄い人の下につくことで成功できる人もいるでしょう。

こういったことは占ってみなければ分かりません。そこまで高額なものでもないので、よかったら一度やってみてください。

 

3.スピリチュアルでタイプを知る

スピリチュアル的な手法では、潜在意識に働きかけて深いレベルのタイプ(殻を含む)を知ることができます。

僕がやったことがあるのはヒプノセラピー(催眠療法)と呼ばれるものです。

僕の場合、過去のネガティブな経験によって「母親を支えないといけない」とか「空気を読まなきゃいけない」というインナーチャイルドが形成されていたことが分かりました。

これはヒプノセラピーを受けなければ恐らく自覚できなかったと思います。

受けている最中はボロボロ泣けてきましたが、受けたあとは気分がスッキリして、何か心につっかえていたものが取れた感じでした。

僕らの性格や思考パターンというのは幼少期の経験に根ざしているものが多いので、そこを知って癒してあげれば、飛躍的に幸せになるための行動を起こしやすくなります

多少お金はかかりますが、一度はやってみる価値はあると思いますよ。

 

4.まとめ

上記の方法はあくまでも自分のタイプを知るための方法であって、それを知った上でどう行動するかが僕らの幸せを決めます。

自分のタイプに合った行動をすれば、いろんなことがスムーズにいって、仮に結果が出なかったとしてもそのプロセス自体を幸せに感じられることでしょう。

幸せの地図は既に僕らの中にあります。

その地図に沿って努力することが、僕らが幸せになる近道なのです。

遠回りに思うかもしれませんが、まずは面倒臭がらずに自分のタイプを知ることから始めてくださいね。

ありがとうございました。

【関連記事】

5分ですべて解決!?本当の自分を知る方法と6つの質問
ども、杉野です。あなたは自分について、どれだけのことを知っているでしょうか?「本当の自分を知る」なんて言うと大袈裟に聞こえますが、それは何がどうなれば自分は...

 

プライドを捨て自分の殻を破る2つのステップと5つの方法
ども、杉野です。自分の殻を破るというのは僕らの永遠の課題です。普段自分からアクションを起こさない人はその殻を破って積極的にアクションを起こしたいと思ってるだ...

 

スポンサーリンク
by

『モットチャント』の管理人兼ライター。オウンドメディアプロデューサー。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です