いつもの今日に「はじめまして」

『進撃の巨人』アルミンの推理に学ぶ!相手の心を丸裸にする方法

スポンサード




ども、杉野です。

『進撃の巨人』にはリヴァイ兵長やエルヴィン団長、ミカサをはじめ、魅力的なキャラクターがたくさん登場しますが、アルミンも無視できない魅力的なキャラクターの一人です。

彼の仮説や推理(推論)は非常に緻密で、洞察力や判断力、そして推理力(厳密には推論力)の高さは際立っています。

『進撃の巨人』では、彼の推理力は主に巨人の謎を解くためだけに使われていますが、推理力は僕らが現実を生きる上でも凄く役に立ちます、というか役に立っています。

空の雲を見て「雨が降りそうだから早く帰ろう」と思うのも推理だし、相手の顔を見て「怖い人なのかも」と思うのも推理だし、出汁の匂いで「今日の晩御飯はうどんだ!」と思うのも実は推理です。

僕らは大抵それを推理だとは思ってないし、推理している実感もないと思いますが、推理というのはそれぐらい身近なものなんですね。

メンタリストDAIGOがやっていることも、緻密な観察から相手の心を読む推理(推論)に他なりません。

つまり推理力を鍛えれば相手の心を丸裸にし、相手を思うように操ることも可能なのです。

そこで今回はアルミンの推理を取り上げながら、推理力(推論力)を鍛えるコツ、そして相手の心を丸裸にするコツをお話ししていこうと思います。

どうやればマンガからノウハウが学べるのか。そんな視点で読んでもらっても面白いかもしれません。

 

 

1.女型巨人と遭遇したアルミン

まずはアルミンの推理の実例を見ていきましょう。

ネット上でもアルミンの推理はすごいと話題になっているように、彼の推理は常軌を逸したほど冴えわたっています。

女型巨人と遭遇したあと、女型巨人が来た方向から大量の巨人がやってきたことに対して、アルミンはこう言っています。

 

あいつが来た方向からだ!まさかあいつが巨人を率いてきたのか!?」

(引用元:『進撃の巨人』第6巻)

 

普通に読むとなんでもないセリフですが、これはアルミンが瞬時に立てた仮説です。彼の頭の中は多分こんな感じになっています。

  1. Aの方向から女型巨人がやってきた
  2. そして同じ方向から大量の巨人もやってきた
  3. 自然に大量の巨人が同じ方向からやってくることは考えにくい
  4. なぜなら彼らには知性がないからだ
  5. ということは、何か原因があってそうなった可能性が高い
  6. だとすれば現状から考えて女型巨人が率いてきた可能性が高い

彼の一言の中には、これだけの思考過程があるワケです。とはいえ、僕らもこれぐらいの推理(推論)は日常的に行っています。

例えば目の前を凄い勢いで走り抜けていった車があって、その後ろをパトカーが走っていったとしたら、先に走っていった車が何かやったに違いない、って思いますよね?それぐらいのことです。

アルミンが凄いのはここからです。

 

2.女型巨人と通常の巨人の違いを分析するアルミン

ジャンが女型巨人を見て「奇行種か!?」と言った際、アルミンはこう言います。

 

「いいや、違うんだ、あいつは・・・巨人の体を纏った人間・・・エレンと同じことができる人間だ」

「巨人は人を食うことしかしない、その結果として死なせるのであって殺す行為自体は目的じゃない」

「しかしあいつは急所を狙われた途端に先輩を握りつぶし叩きつけた」

「食うためじゃなく、殺すために殺したんだよ、他の巨人とはその本質が違う」

「超大型や鎧の巨人が壁を破壊した時に大勢の巨人を引き連れてきたのはきっとあいつだよ」

「・・・目的は一貫して人類への攻撃だ・・・」

「いや・・・どうかな・・・誰かを探してるんじゃないかって気がする・・・」

「もしそうだとすれば・・・探してるのはきっと・・・エレンだ!」

(引用元:『進撃の巨人』第6巻)

 

ここでの推理を全部解説するのは大変なので大部分は割愛しますが、重要なのはアルミンが通常の巨人と女型巨人の違いを見抜いている点です。

これが何を意味するかというと、アルミンには「巨人とは何か」という明確な定義があった、ということです。

彼は巨人の本質を知っていて、通常の巨人はこうである、という判断基準があった。だから彼は女型巨人の行動を見たときに一瞬で「巨人の体を纏った人間」だと分かったワケです。

これは何気にめちゃくちゃ重要です。

例えばあなたは友達の本質(価値観や信念、性格など)を知っているでしょうか?

これを知っていて、あなたがその本質を見失っていなかったなら、友達が突然気分を害することを言ったり、理解できない行動をとったときでも、「(自分の知らないところで)何かあったに違いない」と推理できるはずです。

でも本質を知らない初対面の相手が気分を害することを言ってきたら、それを相手の本質だと思い込んで、そういう嫌な奴なんだと決めつけてしまうと思います。

つまり本質が分からない状態では推理力は働かないのです。

 

3.推理力を働かせる方法

以上の話から分かるように、僕らが推理力を発揮するには本質を理解する必要があります。相手の心を丸裸にしたいなら、「人間とはどういう生き物か」という本質を理解しなきゃいけない。

心を丸裸にするワケだから、最低でも心の性質(心理学や脳科学の知識)ぐらいは知っておく必要があるでしょうね。

そうじゃないと、どれだけ相手の動きや反応を緻密に観察しても、それが心のどういう動きを意味しているのか分からないからです。

人間は困っているときに頭を掻く傾向がある。例えばこういうことが分かっていれば、頭を掻くという行動を見たときに「何か困ってるんだな」と推理できるワケです。

逆にこういう本質を知らなければ、頭洗ってないのかな、みたいな見当はずれな推理をしちゃうワケですね。

アルミンは巨人の本質を理解していたから、大量の巨人が走ってきたときに「何か原因があるはずだ」と判断しました。

巨人は本質的に自ら集団行動を起こさない生き物だからです。この理解がなければ彼の推理が成り立たないことは容易に分かりますよね?

すなわち、推理力はどれだけ物事の本質を理解しているかで決まるのです。

 

4.アルミンの凄いところ

僕が彼を見ていてすごいと思うのは何が一番大事かが分かっている(分かろうと努力している)ところです。

それは彼の以下のセリフに端的に表されています。

 

「何かを変えることのできる人間がいるとすれば、その人はきっと…大事なものを捨てることができる人だ」

(引用元:『進撃の巨人』)

 

彼は、エレンがのちにライナーたちに連れ去れらたときも「自分が命の他に捨てられるものは何か」ということを必死に考えています。

その瞬間、その場において一番大事なことは何か。彼はいつでもそれを考えているし、分かろうとしているのです。その姿勢が彼の推理力を支えていると言っても過言ではありません。

エレンやミカサは基本的に目の前のことに必死ですが、アルミンはどんな場面においても何が大事かを見失いません。

僕らが彼から学ぶべきは、推理云々よりも本質を見失うまいとする彼の姿勢や態度ではないでしょうか。彼の推理力はあくまでその結果にすぎないのですから。

 

5.哲学者アルミン

僕はアルミンは哲学者だと思います。それは小難しい抽象的なことを考えているという意味ではなく、彼があらゆることに疑問を持ち、真実や本質を求め続けているからです。

その結果として、彼には他の人たちには見えないものが見えてくる。

  • 何が本当なのか
  • 何が正しいのか
  • 何が大事なのか

こういったことを考え続けることで僕らの頭はフル回転し、無意識があらゆる情報をかき集めて推理力が発揮されるようになっています。

これは科学的にも分かっていることで、僕らの無意識は「分からないという状態」、つまり何かを疑問に思っている状態に耐えているときに一番よく働くんです。

驚くようなアイデアや仮説を閃くのは無意識のなせる技だと考えると、アルミンのように哲学者であることがいかに推理・推論において重要かが分かるでしょう。

エレンやミカサはすぐに物事を決めつける傾向にありますが、アルミンはそれをせず、必死に何が大事なのかを考えて続けています。

だから彼には常軌を逸した推理ができるのです

 

 

6.相手の心を丸裸にする方法

以上のことからも分かるように、推理力を身につけたいなら哲学者になって真実や本質に興味を持つことが大事です。

  • 何が本当なのか
  • 何が正しいのか
  • 何が大事なのか

この3つの疑問を友達や恋人、会社の同僚、家族などに投げかけていれば、彼らの心は丸裸にできます。

もう少し具体的に言うと

  • 相手が言ったことは本心なのか
  • 相手は本当は何をしたいのか
  • 相手は何を言ってほしいのか
  • 相手にとって大事なことは何なのか
  • 相手は何を正しいと思っているのか
  • なぜ相手はそう言ったのか

などをいつも考えておくということです。

心を丸裸にするなんていうと、何か特殊なテクニックが必要だと思うかもしれませんが、そんなことはないんですよ。日々の地道な努力、疑問を解消しようとする情熱がすべての源です。

アルミンは特殊な人間ではありません。らが彼から学ぶべきは、その姿勢や態度なのです

彼の表面的な凄さに踊らされちゃダメですよ。

ありがとうございました。

【関連記事】

『進撃の巨人』ザックレー総統に学ぶ!信念を持つ6つの意味
ども、杉野です。『進撃の巨人』で美味しいところをもっていったキャラと言えばザックレー総統ですよね。初登場のときのお堅い印象とは裏腹に、あんな悪趣味を持ってい...

 

『進撃の巨人』リヴァイ兵長に学ぶ!男の魅力を磨く4つの方法
ども、杉野です。進撃の巨人で一番人気のキャラといえばリヴァイ兵長ですよね。僕もリヴァイは大好きだし、凄く魅力的だと思うんですが、 なぜ彼はこんなにも人気があ...

 

『進撃の巨人』カルラに学ぶ!人に好かれる人の4つの特徴
ども、杉野です。今回は『進撃の巨人』の主人公エレンの母親、カルラのセリフから人に好かれる人の特徴(要素)を学んでいきたいと思います。カルラは登場回数が極めて...

 

相手の心も読める!?推論の意味と推論力(推理力)の鍛え方
ども、杉野です。僕らは毎日意識しないところで推論を行っています。天気予報を見て「今日は傘はいならいな」と思うのも推論だし、子供が道に飛び出して「危ない!」と...
スポンサード







by
28歳のときに起業し、セミナーやコンテンツ販売を何年か行うも途中で挫折。今は再出発のために某飲食店のアルバイトを通してチームビルディングを実践中。個人ではコーチング、オウンドメディアのプロデュース、小説の執筆などを行っています。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です